昭和61年4月の大雨

災害年月日
1986年04月22日
市町村
徳島県那賀町(木沢村)
災害種類
土砂災害  
概要
昭和61年(1986)4月22日~23日、前線を伴った低気圧が四国の南岸を東北東に進んだため、勝浦郡と阿南市から海部郡にかけて大雨が降った。22日の降水量は上勝町福原旭で130ミリ、阿南市太竜寺山で104ミリ、宍喰で115ミリを観測した。この雨で地盤がゆるみ、23日2時頃、木沢村の県道木沢~上那賀線で落石があった。この岩石は山の斜面から道路に落ちたもので、重さは約4トンあり、5~6個落下した。その上、道路の損壊なども発生して全面通行止めとなった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、316-317頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 落石 通行止め
NO.
徳島1071

よく似た災害

昭和47年7月の大雨

昭和47年(1972)7月4日~6日、東に進む低気圧に向かって、東シナ海から湿った暖気が流入し、西日本では雷を伴った局地的大雨が群発し、高知県の繁藤災... 続きを読む

昭和47年7月の大雨

昭和47年(1972)7月4日~6日、東に進む低気圧に向かって、東シナ海から湿った暖気が流入し、西日本では雷を伴った局地的大雨が群発し、高知県の繁藤災... 続きを読む

昭和57年8月の大雨

昭和57年(1982)8月2日夜から3日にかけて、台風9号崩れの低気圧が四国の南海上を通過したため、県南部を中心に大雨が降った。総降水量の最大値は日和... 続きを読む

平成2年5月の大雨

平成2年(1990)5月7日、低気圧が四国を通ったため、県南部を中心に大雨が降り、山崩れや崖崩れが発生した。総降水量の最大値は阿南市蒲生田で122ミリ... 続きを読む

寛政元年の土砂災害

寛政元年(1789)4月17日、阿波地震により、福井村福原(現阿南市)で山や谷が崩れ、川の水が3日間濁り流れた。多くの川淵、土手、田地一面が割れた。ま... 続きを読む