平成6年の干ばつ

災害年月日
1994年06月29日
市町村
徳島県
災害種類
渇水  
概要
平成6年(1994)6月29日~8月31日、猛暑と干ばつに見舞われた。徳島市の7月の平均気温は平年より3.2℃高く、8月の平均気温も平年より1.8℃高かった。また、降水量1ミリ未満の継続日数は、半田と池田で6月29日から7月22日までの24日間、蒲生田で8月20日から9月15日までの27日間に及んだ。この猛暑と干ばつにより県北部を中心に被害が発生し、農作物被害は柑橘類を中心に2,277ha、8億9,610万円、森林枯損被害は121ha、9,040万円、畜産被害は5,200万円に上った。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、385頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 猛暑
NO.
徳島1112

よく似た災害

平成2年の干ばつ

平成2年(1990)7月4日~8月21日、少雨と高温が続いた。徳島の7月の雨量は51.0ミリで平年比26%であった。また、徳島の7月の平均気温は平年よ... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)7月26日から8月末までの降雨量はわずか24.5ミリで、平均気温も平年より2度くらい高めという過去70年間で2位という干天被害が... 続きを読む

昭和53年の干ばつ

昭和53年(1978)5月~8月、干ばつ、少雨により、農作物の被害甚大。冬期から少雨、夏期は平年の30%以下の少雨で、連日高温が続き、月平均気温は平年... 続きを読む

平成6年の干ばつ

image

平成6年(1994)、猛暑と渇水に見舞われた。高松気象台の観測によると、月平均気温、最高気温、最低気温はいずれも観測史上最高の値となった。雨量も平年を... 続きを読む

昭和55年の冷夏・長雨

昭和55年(1980)7月~8月の冷夏と長雨は、観測史上まれに見るものであった。松山の7月の平均気温は平年より1.5℃低く、8月の平均気温は平年より2... 続きを読む