慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
徳島県海陽町(海部町)
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日、地震が発生し、阿波国は大きな被害を受けた。特に海部郡の被害は甚大であった。「鞆浦大岩の碑文」には、高さ10丈の津波が7度襲来し、男女100人が海底に沈んだことなどが記されている。また、「宍喰浦旧記」には、辰半刻(午前8時頃)から申上刻(午後3時頃)まで大地震があり、酉の上刻(午後5時頃)から大津波が襲来し、浦中の泉から水が2丈余湧出し、170余人は古城山(愛宕山)に逃げ上ったが、老少は道で浪に打ち倒され流死したことなどが記されている。
地理院地図
Googleマップ
備考
鞆浦には大岩碑が建立されている。
また、愛宕山は現在も津波避難場所になっている。
参考画像

参考文献
徳島県警察史編さん委員会編「徳島県警察史」(徳島県警察本部、1965年)、444頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
慶長地震 津波 鞆浦大岩の碑文 宍喰浦旧記 死者
NO.
徳島1122

よく似た災害

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日未刻(午後2時)、大地震が起こり、その後津波が襲来した。浅川の観音庵前の「宝永ノ津波」碑には、高さ3丈余(約9m)の津波... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震により、海部郡に海嘯が来襲した。慶長地震に関する海部郡の資料は、鞆浦大岩の碑文と宍喰浦旧記の二つが主なものである... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震が発生した。「宍喰浦旧記」には、巳下刻(午前10時30分頃)、大地震が発生し、人々があわてて愛宕山逃げ上ったところ... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月3日・4日の地震を前触れとして、5日午後4時頃から大地震が襲来した。「塩屋記録」には地震の様子、死者を含めた被害の状況、被災... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月3日・4日の地震を前触れとして、5日午後4時頃から大地震が襲来した。「塩屋記録」には地震の様子、死者を含めた被害の状況、被災... 続きを読む