安政元年の地震

災害年月日
1854年11月28日
市町村
徳島県
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日、静岡県御前崎沖約70kmでM8.4の地震が発生し、津波が房総半島から土佐湾にかけて発生し、潰滅・焼失家屋は約3万戸、死者は2~3千人と言われている。また、翌5日に室戸の東南東約80kmでM8.4の地震が起こった。この地震は徳島県に近かったため、大きな被害をもたらした。特に、この時の津波の被害は大きく、津波の高さは串本で15m、高知県久礼で16m、死者は数千人に達したと言われている。2つの地震のうち前者を安政東海地震、後者を安政南海地震という。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
奥村清ほか著「徳島 自然の歴史」(コロナ社、1998年)、154頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
安政東海地震 安政南海地震 津波 死者
NO.
徳島1155

よく似た災害

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日、南海地震が発生し、津波が起こった。このため、那賀川河口の中島港は大破し、辰巳新田では60cmの地割れができたところもあ... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)、南海地震津波により、土佐市宇佐町では大被害を受けた。この研究では、土佐市宇佐町を対象に、安政南海地震級(M8.4)の地震が発生し... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日にわたり大地震が起こった。県内一帯で大きな被害を受け、死者277人、焼失家屋2,056戸、倒壊家屋2,351戸と言... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日午前9時頃、遠州灘を震源とするM8.4の大地震が起こった。さらに32時間後の5日午後4時頃、同規模の地震が紀州沖で発生し... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月5日、南海道沖大地震(M8.4)が発生した。津波の規模は宝永大地震をやや下回る程度であり、被害は死者372人(男96、女27... 続きを読む