平成10年の集中豪雨

災害年月日
1998年05月16日
市町村
徳島県海陽町(宍喰町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
平成10年(1998)5月16日、県南部を中心に激しい雨が続き、河川が増水、一部で氾濫し、被害が広がった。宍喰町では約100世帯に避難勧告が出され、尾崎の八山地区、久保の松本地区、宍喰浦の浜南地区の計約100世帯が床上・床下浸水した。また、山腹崩壊のため県道芥附海部線が落合で不通となり、北河内地区の4世帯が孤立、県道久尾宍喰線も不通となり、久尾地区医の27世帯も孤立した。さらに山腹崩壊で電話ケーブルが埋まったため、町内の約90世帯で電話が不通となった。激甚災害に指定された。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
「宍喰町の沿革」編集委員会編「宍喰町の沿革」(宍喰町、2005年)、56頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 避難勧告 山腹崩壊 集落孤立 激甚災害
NO.
徳島1158

よく似た災害

昭和37年4月2日の集中豪雨・土砂崩れ

昭和37年(1962)4月2日夜半から3日朝にかけて、気圧の谷の通過に伴い風雨が強まった。特に中部地区で集中豪雨となり、天坪・平石では250ミリを観測... 続きを読む

昭和4年の集中豪雨

昭和4年(1929)10月25日~26日、県東部で集中豪雨による土砂崩壊のため、高徳線白鳥~引田間が一時不通となった。(香川県、高松気象台、引田町等の... 続きを読む

昭和42年の集中豪雨

昭和42年(1967)7月9日、集中豪雨により、波方町、関前村、宮窪町などで9人の死者があり、田尻で汽車が脱線して不通となった。 続きを読む

平成元年8月14日の集中豪雨

平成元年(1989)8月14日、県中東部地域で局地豪雨のため、国道55号は安田町東谷川橋の鏡台付近が洗掘され、路面が陥没した。同日14時より全面通行止... 続きを読む

昭和47年9月7日の集中豪雨

昭和47年(1972)9月7日、山間部で集中豪雨あり、池川で299ミリに達した。越知、佐川では落雷により7,000世帯が停電した。 続きを読む