元禄14年の山犬岳崩壊

災害年月日
1701年00月00日
市町村
徳島県上勝町
災害種類
土砂災害  
概要
元禄14年(1701)、豪雨により、上勝町瀬津の山犬岳で大崩壊が起こった。山犬岳の土砂はほとんどが山腹に残り、高さ10m以下の多数の巨岩が奇勝をつくっていて、当時の崩壊の物凄さを伝えている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
寺戸恒夫/編著「徳島の地理ー地域からのメッセージー」(徳島地理学会、1995年)、72頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
山犬岳崩壊 豪雨
NO.
徳島1168

よく似た災害

平成16年の台風23号による土砂災害

平成16年(2004)、台風23号により、さぬき市門入川上流域では多数の崩壊が発生した。その多くは崩壊深1.0m以下の表層崩壊であったが、一部崩壊震度... 続きを読む

元禄14年の風水害

元禄14年(1701)、那賀川上流で隣接する神山で大雨が三昼夜続き、左右山の全戸が流出したり(「名西郡下分上山村史」)、上勝町落合の西北西にある山犬岳... 続きを読む

明治18年の茶園岳崩壊

image

明治18年(1885)6月、曽江谷川の茶園嶽大崩壊。 続きを読む

明治18年の茶園岳崩壊

image

明治18年(1885)6月、曽江谷川の茶園嶽大崩壊。 続きを読む

明治18年の茶園岳崩壊

image

明治18年(1885)、豪雨により、脇町西赤谷の茶園岳で大崩壊が起こった。 続きを読む