昭和44年6月29日の大雨

災害年月日
1969年06月29日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和44年(1969)6月29日~7月2日、梅雨前線の活動が活発になり、大雨となった。29日の日降水量は剣山150ミリ、1日の日降水量は京上170ミリ、剣山139ミリであった。被害は半壊1戸、非住家被害2棟、道路2箇所、山崩れ10箇所、鉄道1箇所に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県編「徳島県災異誌(続編)」(徳島県、1981年)、46頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 梅雨前線 山崩れ
NO.
徳島1337

よく似た災害

昭和44年6月29日の大雨

昭和44年(1969)6月29日~7月2日、梅雨前線の活動が活発になり、大雨となった。29日の日降水量は剣山150ミリ、1日の日降水量は京上170ミリ... 続きを読む

昭和47年9月6日の大雨

昭和47年(1972)9月6日~9日、熱帯低気圧が四国を東進したため、秋雨前線を刺激して大雨を降らせた。徳島市、小松島市で床上浸水、床下浸水の被害が目... 続きを読む

昭和47年9月6日の大雨

昭和47年(1972)9月6日~9日、熱帯低気圧が四国を東進したため、秋雨前線を刺激して大雨を降らせた。徳島市、小松島市で床上浸水、床下浸水の被害が目... 続きを読む

昭和44年6月25日の大雨

昭和44年(1969)6月25日~26日、低気圧が発達しながら山陰沖を東進したため、梅雨前線の活動が活発となり、県南を中心に大雨となった。日降水量は宍... 続きを読む

昭和44年6月25日の大雨

昭和44年(1969)6月25日~26日、低気圧が発達しながら山陰沖を東進したため、梅雨前線の活動が活発となり、県南を中心に大雨となった。日降水量は宍... 続きを読む