昭和49年の台風8号

災害年月日
1974年07月04日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和49年(1974)7月4日~7日、台風8号と梅雨前線により、大雨となった。6日早朝から7日朝まで長時間にわたって強雨が続き、上那賀町小見野々で日降水量953ミリ、徳島市内で1時間82ミリの記録的な雨量を観測した。このため、家屋の浸水、土砂崩れなど大きな被害が発生した。8日現在の被害は負傷者1人、家屋の全壊7棟、半壊19棟、流失4棟、床上浸水704棟、床下浸水6,289棟、水田の流失・埋没397ha、冠水4,635ha、畑の流失・埋没15ha、冠水1,171ha、山・崖崩れ132箇所等に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県編「徳島県災異誌(続編)」(徳島県、1981年)、83-84頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 梅雨前線 大雨 土砂崩れ
NO.
徳島1360

よく似た災害

昭和49年の台風8号

昭和49年(1974)7月4日~7日、台風8号と梅雨前線により、大雨となった。6日早朝から7日朝まで長時間にわたって強雨が続き、上那賀町小見野々で日降... 続きを読む

昭和27年のダイナ台風

昭和27年(1952)6月23日、台風2号(ダイナ台風)が潮岬のすぐ南方を通過した。県内では100~200ミリの短時間降雨があり、徳島では時間雨量55... 続きを読む

昭和27年のダイナ台風

昭和27年(1952)6月23日、台風2号(ダイナ台風)が潮岬のすぐ南方を通過した。県内では100~200ミリの短時間降雨があり、徳島では時間雨量55... 続きを読む

昭和29年の台風5号

昭和29年(1954)8月16日~19日の台風14号により、県下の被害は死者4人、負傷者7人、家屋の全壊12戸、半壊8戸、流失1戸、床上浸水127戸、... 続きを読む

明治27年の台風

明治27年(1894)9月11日、台風が宮崎の海岸を北上して米子に抜けた。被害は西部が主で、死者4人、負傷者50人、家屋の全壊2,252戸、半壊1,6... 続きを読む