昭和50年11月14日の大雨

災害年月日
1975年11月14日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和50年(1975)11月14日~15日、低気圧が四国沖を発達しながら通過したため大雨となった。日和佐で249ミリとなり、崖崩れ1箇所の被害が出た。(県警調べ)また、徳島市、石井町で田畑の冠水500ha、ホウレン草の被害1億6千万円(県調べ)、国鉄牟岐線上下一往復運休、冠水による国道の通行止めなどの被害があった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県編「徳島県災異誌(続編)」(徳島県、1981年)、95頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 低気圧 崖崩れ 国鉄牟岐線 国道通行止め
NO.
徳島1365

よく似た災害

昭和50年11月14日の大雨

昭和50年(1975)11月14日~15日、低気圧が四国沖を発達しながら通過したため大雨となった。日和佐で249ミリとなり、崖崩れ1箇所の被害が出た。... 続きを読む

昭和37年7月7日の大雨

昭和37年(1962)7月7日~8日、梅雨前線により、大雨となった。県下最大日雨量は8日に御荘で93ミリであった。南予、中予で被害が出た。(「愛媛県土... 続きを読む

昭和54年の豪雨

昭和54年(1979)7月2日、梅雨前線に伴う豪雨により、玉川町で田畑の流失・埋没3.2ha、道路決壊75箇所、河川9箇所、水路60箇所、保全施設5箇... 続きを読む

昭和31年10月30日の大雨

昭和31年(1956)10月30日、東シナ海で発生した低気圧が既に四国の南方にできていた前線を北上させて雷雨を伴う強い雨を降らせた。この日の雨量は椿泊... 続きを読む

昭和31年10月30日の大雨

昭和31年(1956)10月30日、東シナ海で発生した低気圧が既に四国の南方にできていた前線を北上させて雷雨を伴う強い雨を降らせた。この日の雨量は椿泊... 続きを読む