昭和53年の干ばつ

災害年月日
1978年07月04日
市町村
徳島県
災害種類
渇水  
概要
昭和53年(1978)7月4日、平年より10日早く梅雨明けとなり、その後高温晴天が続いた。8月2日には台風8号が接近したが、県南山間部を除いて期待する程の雨量はなく、県北部では干害による被害が多かった。9月上旬に台風、低気圧により時々降雨があり、干害は次第に解消した。水稲、果樹、野菜、その他の被害面積は3,794ha、被害金額は16億2,500万円に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県編「徳島県災異誌(続編)」(徳島県、1981年)、108頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
徳島1370

よく似た災害

昭和53年の干ばつ

昭和53年(1978)7月4日、平年より10日早く梅雨明けとなり、その後高温晴天が続いた。8月2日には台風8号が接近したが、県南山間部を除いて期待する... 続きを読む

昭和63年の干ばつ

昭和63年(1988)10月上旬から平成元年(1989)2月上旬にかけて、県下全域で小雨。中山の10月から2月の期間総雨量は177ミリで、中山町でも被... 続きを読む

昭和33年の干ばつ

昭和33年(1958)7月中旬から8月上旬にかけて、干ばつ。(「北条市広報」による) 続きを読む

昭和22年の干ばつ

昭和22年(1947)7月下旬から9月上旬にかけて少雨のため、特に干ばつとなった。8月合計雨量は日和佐0.1ミリ、宍喰4.6ミリ、椿泊8.3ミリ、鳴門... 続きを読む

昭和22年の干ばつ

昭和22年(1947)7月下旬から9月上旬にかけて少雨のため、特に干ばつとなった。8月合計雨量は日和佐0.1ミリ、宍喰4.6ミリ、椿泊8.3ミリ、鳴門... 続きを読む