昭和54年の台風20号

災害年月日
1979年10月19日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和54年(1979)10月19日、台風20号により、総降水量は福原旭457ミリ、旭丸430ミリ、剣山346ミリ、徳島292ミリとなり、那賀川・勝浦川流域が特に多かった。被害は死者1人、負傷者3人、下325戸、耕地冠水527ha、道路損壊6箇所、山・崖崩れ18箇所で、被害額96億円に及んだ。(県調べ)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県編「徳島県災異誌(続編)」(徳島県、1981年)、113頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 那賀川 勝浦川 死者 山崩れ
NO.
徳島1372

よく似た災害

昭和54年の台風20号

昭和54年(1979)10月19日、台風20号により、総降水量は福原旭457ミリ、旭丸430ミリ、剣山346ミリ、徳島292ミリとなり、那賀川・勝浦川... 続きを読む

昭和54年の台風20号

昭和54年(1979)10月19日9時40分、台風20号が和歌山県白浜町に上陸し、県南地方に集中豪雨をもたらした。徳島県下の被害は死者1人、負傷3人、... 続きを読む

昭和35年の台風11号

昭和35年(1960)8月11日5時、台風11号が安芸市付近から上陸し、徳島県西部を北上した。雨は剣山~雲早山系に多く250ミリ以上で、吉野川流域では... 続きを読む

昭和35年の台風11号

昭和35年(1960)8月11日5時、台風11号が安芸市付近から上陸し、徳島県西部を北上した。雨は剣山から雲早山系に多く250ミリ以上で、吉野川流域で... 続きを読む

昭和32年9月9日の大雨

昭和32年(1957)9月9日~11日、大雨となった。3日間雨量は土佐清水で269ミリ、中村で262ミリ、野根で352ミリ、佐賀で287ミリ、佐喜浜で... 続きを読む