昭和13年の洪水

災害年月日
1938年09月05日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和13年(1938)9月5日、台風が牟岐から上陸し、徳島市の西を通って北灘に抜けた。4日~5日の2日間雨量は福原で780ミリに達し、勝浦川や鮎喰川では大洪水と起こし、氾濫が相次いだ。甚だしいところでは山崩れも起こり、全滅した集落もあった。徳島県内の被害は死者・行方不明60人、負傷者30人、家屋の全壊166戸、半壊277戸、流失293戸、床上浸水1,145戸、床下浸水4,336戸、道路尾379箇所、橋梁流失101箇所、堤防破壊43箇所、船流失26隻、田畑流失200町であった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局徳島工事事務所編「吉野川百年史」(建設省四国地方建設局徳島工事事務所、1993年)、257頁及び264頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 山崩れ 死者
NO.
徳島1379

よく似た災害

昭和13年9月の台風

昭和13年(1938)9月5日、台風が徳島県東部を速い速度で北上した。被害は死者2人、負傷者5人、行方不明2人、全潰13戸、半潰8戸、流失3戸、床上浸... 続きを読む

昭和29年の台風15号

昭和29年(1954)9月25日~26日の台風15号により、佐田岬では最大瞬間風速が54.6m/秒を記録し、海岸では80cm以上の気象潮が起こった。県... 続きを読む

昭和30年の地震

昭和30年(1955)7月27日10時21分、那賀川上流を中心に震度5の地震があった。震源付近の宮浜、平谷、木頭の各村及び海南町で山・崖崩れが多数起こ... 続きを読む

昭和30年の地震

昭和30年(1955)7月27日10時21分、那賀川上流を中心に震度5の地震があった。震源付近の宮浜、平谷、木頭の各村及び海南町で山・崖崩れが多数起こ... 続きを読む

昭和27年7月8日の大雨

昭和27年(1952)7月8日~11日、梅雨前線による大雨のため、県下の被害は死者14人、負傷者8人、行方不明2人、家屋の半壊36戸、流失6戸、床上浸... 続きを読む