明和7年の干ばつ

災害年月日
1770年00月00日
市町村
徳島県
災害種類
渇水  
概要
明和7年(1770)、阿波国、干ばつで、御地高131,900石御損毛。(「阿淡年表秘録」による)この明和の不作に板野郡板東村の百姓一同が窮乏のため拝借米を嘆願した文書が残っている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県史 第4巻」(徳島県、1965年)、129頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 阿淡年表秘録
NO.
徳島1464

よく似た災害

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)5月から閏5月、6月、7月に至る4か月間雨が降らず、稲が枯れた。板野郡誌によると、数年にわたって禾穀登らず、百姓一同窮乏して拝借米... 続きを読む

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)5月から3ヶ月間、大干ばつが続いた。稲は枯れ、収穫皆無の所が多かった。数年来の不作続きの上、この干ばつにより、百姓は窮乏を極め、拝... 続きを読む

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)、干害のため、高松藩内で55,000石余の立枯田が出たと記録されている。この水不足のため、7月1日に寺井村の百姓50余人は大野の案... 続きを読む

明和9年の干ばつ

明和9年(1772)、異常な干ばつで、大野の百姓と川東村の百姓が、小箱出水で乱闘騒ぎの水喧嘩を行った。 続きを読む

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)、干害のため、宇和郡の百姓、袖乞いに出る者多し。 続きを読む