明治16年の干ばつ

災害年月日
1883年06月00日
市町村
徳島県徳島県
災害種類
渇水  
概要
明治16年(1883)旧5月26日に降雨があってから8月11日まで74日間雨がなかった。麻植郡山分では旱害のため、餓死にせまる惨状で、県は有志の恤救のため募金した。(「大俣村誌」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県史 第5巻」(徳島県、1966年)、569頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
徳島1476

よく似た災害

明治30年の干ばつ

明治30年(1897)、雨が降らず、多肥は旱害に見舞われた。(岡田家の記録による) 続きを読む

宝暦2年の干ばつ・多雨

宝暦2年(1752)夏は旱害、秋は雨が多く、収穫なし。(「田野村誌」等による) 続きを読む

明治16年の干ばつ

明治16年(1883)、大干害のため、村民は雨乞いのため神社に祈祷した。 続きを読む

明治36年の干ばつ

明治36年(1903)7月末から9月上旬にかけて晴天が続き、この間の降雨量は9.3ミリで、住民は旱害に苦しんだ。 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)、旱害の被害甚だし。 続きを読む