昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年00月00日
市町村
徳島県那賀町(木頭村)
災害種類
土砂災害  
概要
昭和51年(1976)の台風17号により、那賀川上流域の高ノ瀬谷、久井谷、折宇谷では大崩壊が発生した。本研究では、木頭村全域(約230k㎡)を対象に、この台風17号を含めた過去の豪雨型山腹崩壊について、流域を2km×2km及び1km×1kmにメッシュ分割を行い、これらの単位で崩壊戸数、崩壊面積と素因(地形、地質、伐採)、誘因(雨量、流出高)との関連性を航空写真と水文資料等をもとに検討している。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
杉尾捨三郎・端野道夫・藤田勝秀「那賀川上流域における豪雨型山腹崩壊に関する基礎的研究」(土木学会中国四国支部編「土木学会中国四国支部技術研究発表会講演概要集Vol.31」土木学会中国四国支部、1979年、所収)、47-49頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 豪雨型山腹崩壊 那賀川
NO.
徳島1481

よく似た災害

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)の台風17号により、那賀川上流域で崩壊が発生した。本研究では、木頭村全域(約230k㎡)を対象に、この台風17号を含めた過去の豪... 続きを読む

平成11年の台風16号

平成11年(1999)9月、台風16号により、重信川では集中豪雨が発生し、上流域で崩壊、土石流が多発した。この研究では、現地調査結果をもとに、土石流流... 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月23日、台風6号。岩津上流流域平均2日雨量は336ミリ、岩津最大流量(推定)は約13,900立米/秒であった。この台風6号と... 続きを読む

明治32年9月の台風

明治32年(1899)9月21日、台風が九州西岸を北上した。雨量は20日に360ミリ、21日に421ミリとなった。この年、県下の死者は104名、負傷者... 続きを読む

平成5年の台風5号

平成5年(1993)7月28日、台風5号。岩津上流流域平均2日雨量は421ミリ、岩津最大流量(推定)は約12,100立米/秒であった。この台風5号と8... 続きを読む