明治25年の保勢の崩壊

災害年月日
1892年07月25日
市町村
徳島県海陽町(海南町)
災害種類
土砂災害  
概要
明治25年(1892)7月25日、台風に伴う集中豪雨により、海部川中流右岸の保勢(保瀬)で大規模崩壊が起こり、4戸が埋没し、住民11人と山稼ぎ人36人が生き埋めとなった。崩壊土砂は河道を閉塞し、巨大な天然ダムを形成したため、湛水によって8戸が流出し、9人が水死した。さらに天然ダムの決壊により、下流域で流出2戸、半壊11戸の被害が出たが、高潮被害と重なり、天然ダム決壊による被害のみを分離することは難しい。天然ダム決壊の恐れは事前に下流に知らされ、決壊時には鉄砲、大砲、狼煙などで伝達された。
地理院地図
Googleマップ
備考
平井には保瀬大崩壊の碑が2つ建っている。一つは平成5年に再建された碑であり、もう一つは昭和10年に建立された旧碑である。
参考画像

参考文献
井上公夫・森俊勇・伊藤達平・我部山佳久「1892年に四国東部で発生した高磯山と保勢の天然ダムの決壊と災害」(砂防学会編「砂防学会誌Vol.58-4」砂防学会、2005年、所収)、3-12頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
保勢の崩壊 死者 海部川 天然ダム 情報伝達
NO.
徳島1494

よく似た災害

明治25年の保勢の崩壊

image

明治25年(1892)7月25日午後2時頃、保勢が崩壊して、海部川を堰き止めた。崩壊により北岸の山麓にあった3家族11人及び山稼ぎ36人、馬3頭が家屋... 続きを読む

明治25年の高磯山の崩壊

image

明治25年(1892)7月25日、豪雨により、上那賀町の高磯山で大規模な崩壊(土量約400万立米)が発生し、那賀川本川を堰き止めた。このため、短時間の... 続きを読む

明治25年の保瀬の崩壊

明治25年(1892)7月25日の豪雨時に、保瀬で崩壊が発生し(崩壊土量200万立米)、天然ダム(湛水量1,400万立米)が形成され29時間後に決壊し... 続きを読む

明治25年の高磯山崩壊

image

明治25年(1892)7月25日午前11時または正午頃、台風に伴う集中豪雨により、下木頭村大戸の高磯山が大規模に崩壊した。このため、荒谷及び春谷の人家... 続きを読む

明治25年の保瀬の崩壊

image

明治25年(1892)7月、豪雨により、海南町保瀬で大崩壊が起こり、47人の犠牲者を出した。この時も、高磯山の崩壊と同様に、崩壊した土砂が河谷を埋めて... 続きを読む