昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月13日
市町村
徳島県那賀町(木頭村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和51年(1976)9月、台風17号が鹿児島県南西海上に停滞し、木頭村では9月8日から6日間大雨が降り続き、総雨量は2,782ミリを記録した。台風が去った直後、13日午後1時30分頃、突如西ノ谷が崩壊し、膨大な土石流が平集落の大半を埋めた。この災害で木頭村では死者6人、家屋、道路、橋梁、河川、農林施設など多大な被害を受けた。
地理院地図
Googleマップ
備考
平には慰霊碑が建立されている。
参考画像
参考文献
砂防広報センター編「碑文が語る土砂災害との闘いの歴史」(砂防広報センター、1998年)、228-229頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 大雨 平 土石流 死者
NO.
徳島1502

よく似た災害

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月11日、台風17号により、那賀川上流では未曾有の大豪雨となり、木頭村日早では連続降雨量2,576ミリを記録した。山は至る所で... 続きを読む

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月11日、台風による豪雨のため、木頭村久井谷の新九郎山(標高1,635m)が崩壊し、平では土石流により6人が生き埋めになる惨事... 続きを読む

昭和28年のテス台風

昭和28年(1953)9月25日、台風13号(テス台風)により、山間部の木頭村では室戸台風以来の森林被害を発生し、低地部では大氾濫。 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)7月30日~8月4日の台風10号により、上那賀町と木沢村は集中豪雨となり、那賀川・坂州木頭川坂谷で最大時間雨量97ミリ、累積雨量... 続きを読む

昭和46年の台風23号

昭和46年(1971)、台風23号による出水で、那賀川では下流霞堤部からの逆流により吉井地先の集落の大部分が浸水した。 続きを読む