昭和29年の台風12号

災害年月日
1954年09月12日
市町村
徳島県吉野川流域
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和29年(1954)9月12日~14日、台風12号により山間部に短時間に降った大雨のため、吉野川流域は空前の大洪水となった。吉野川では既往最大の流量を記録し、その後の治水計画検討の契機となった。また、祖谷川流域の御荷鉾構造線付近の破砕帯地域では地すべり、崩壊が活発化した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
日本工営編「四国山地の土砂災害」(国土交通省四国地方整備局四国山地砂防事務所、2004年)、38頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 吉野川 洪水 祖谷川 地すべり
NO.
徳島1541

よく似た災害

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月13日、台風12号(ジューン台風)が襲来し、強い高潮を伴ったため被害が大きかった。吉野川流域では山間部に短時間で大雨が降り、... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風。岩津で14,700立米/秒の洪水量を記録し、流量改定及び第2期改修の契機となる。池田町ほか4町で死者12人... 続きを読む

昭和49年の台風18号

昭和49年(1974)9月9日、台風18号により、那賀川流域の総降水量は250~400ミリとなった。古庄の水位は9日10時の5.70mがピークであった... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日14時35分、台風が枕崎付近に上陸し、北東進して広島付近を経て山陰沖に抜けた。吉野川流域では前線による降雨も重なって平... 続きを読む

昭和57年の台風19号

昭和57年(1982)9月25日、台風19号により、重信川上流域に多雨となった。重信川流域の流量は出合地点で1,200立米/秒、湯渡地点で150立米/... 続きを読む