昭和40年の大西のザレ

災害年月日
1965年09月10日
市町村
徳島県三好市(東祖谷山村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和40年(1965)9月10日、台風23号により、剣山で458ミリを観測するなど、高知県東部から徳島県西部にかけての山間部で豪雨があった。このため、東祖谷山村大西のザレで12万立米に及ぶ大崩壊が発生した。これを契機に、県道は対岸に移設された。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
参考文献
日本工営編「四国山地の土砂災害」(国土交通省四国地方整備局四国山地砂防事務所、2004年)、38頁及び44頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
大西のザレ 土砂災害 豪雨 東祖谷山村大西
NO.
徳島1542

よく似た災害

昭和40年の大西のザレ

image

昭和40年(1965)9月、東祖谷山村大西地先で大崩壊発生(大西のザレ)。 続きを読む

昭和29年の大西の崩壊

image

昭和29年(1954)、豪雨により、東祖谷山村大西で崩壊が起こった。 続きを読む

昭和40年のがけ崩れ

image

昭和40年(1965)9月10日、台風23号により、東祖谷山村大西でがけ崩れが起こり、崩壊土量12万㎡、県道決壊300mに及んだ。(吉野川上・中流域の... 続きを読む

昭和8年の山火事

昭和8年(1933)5月13日午前6時頃、美馬郡東祖谷山村(三好郡東祖谷山村)菅生の山林から出火、強風下のため、剣山西方の連邦から同村名頃方面、一宇村... 続きを読む

平成元年3月の風雨

平成元年(1989)3月3日から4日にかけて、風雨が強まった。総降水量の最大は宍喰で214ミリで、日降水量の最大は東祖谷山村京上で4日に101ミリを観... 続きを読む