昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月09日
市町村
徳島県西部地域
災害種類
土砂災害  
概要
昭和51年(1976)9月9日、台風17号による豪雨のため、徳島県西部で斜面崩壊、土石流が発生した。/9月11日に、台風9号による豪雨により、那賀町(木頭村)日早では日本記録となる日雨量1,114ミリを記録し、新九郎山などで大規模な斜面崩壊が発生した。(田村俊之・西山賢一)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
日本応用地質学会中国四国支部編「中国四国地方の応用地質学」(日本応用地質学会中国四国支部、2010年)、86頁及び105頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 豪雨 土砂災害 日早
NO.
徳島1552

よく似た災害

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月11日、台風による豪雨のため、木頭村久井谷の新九郎山(標高1,635m)が崩壊し、平では土石流により6人が生き埋めになる惨事... 続きを読む

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月11日、台風17号により、那賀川上流では未曾有の大豪雨となり、木頭村日早では連続降雨量2,576ミリを記録した。山は至る所で... 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月、台風5号により、吾川郡で最大時間雨量133ミリ、連続雨量819ミリの豪雨を記録した。このため、斜面崩壊、土石流が発生し、被... 続きを読む

平成11年の台風16号

平成11年(1999)9月、台風16号により、最大時間雨量119ミリ、連続雨量285ミリを記録し、重信川流域で斜面崩壊、土石流が発生した。被害は軽傷1... 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)7月30日夜から8月2日にかけて、台風10号により、徳島県は記録的な豪雨となった。那賀川上流の海川雨量観測所では日雨量1,317... 続きを読む