昭和50年の土砂災害

災害年月日
1975年08月22日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和50年(1975)8月22日未明より襲来した台風5号は、徳島県下に記録的な豪雨をもたらし、最高雨量は剣山で812ミリに達した。県下の被害は死者15人、行方不明1人、家屋の被害11,139戸に及んだ。土砂災害の発生は355箇所で、その内訳は地すべり25箇所、崖崩れ169箇所、土石流161箇所である。これら土砂災害のほとんどは吉野川支流の鮎喰川、穴吹川、貞光川流域に集中している。また、崩壊の発生時刻は23日午前1時~3時にかけて多発している。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
友松靖夫「台風5号の爪跡ー高知県における土砂災害ー」(日本地すべり学会編「地すべりVol.12-3」日本地すべり学会、1975年、所収)、39-40頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
土砂災害 死者 鮎喰川 穴吹川 貞光川
NO.
徳島1557

よく似た災害

平成16年の台風15号による土砂災害

平成16年(2004)8月17日に襲来した台風15号により、新居浜市東部で土砂災害が発生した。これに対して、同年の台風21号では土砂災害の範囲が西条市... 続きを読む

平成16年の台風21号による土砂災害

平成16年(2004)9月28日に襲来した台風21号では、西条市から四国中央市の広い範囲にわたって土砂災害が発生した。これに対して、同年の台風15号で... 続きを読む

平成11年9月の土砂災害

平成11年(1999)9月、台風16号による集中豪雨のため、重信川流域で崩壊、土石流が発生した。今後の土砂災害対策に向けて、崩壊・土石流の発生条件の設... 続きを読む

平成11年9月の土砂災害

平成11年(1999)9月、台風16号による集中豪雨のため、重信川流域で崩壊、土石流が発生した。重信川近隣の総雨量は成就社で318ミリ、富郷で286ミ... 続きを読む

昭和50年の土砂災害

昭和50年(1975)8月17日8月50分、台風5号が宿毛市付近に上陸し、北上した。台風が伊予灘に出た昼頃から、仁淀川上流に雷を伴った激しい雨が数時間... 続きを読む