平成16年の阿津江地すべり

災害年月日
2004年08月01日
市町村
徳島県那賀町(木沢村)
災害種類
土砂災害  
概要
平成16年(2004)7月31日未明からの台風10号に伴う局地的な豪雨の影響で、木沢村の阿津江地区では8月1日に標高600付近より斜面長約800m、幅約100mにわたる大規模崩壊が発生した。この大規模崩壊は土石流化し、坂州木頭川に到達して河川氾濫を引き起こすとともに、国道193号も遮断するなど多大な被害を与えた。斜面上部では、標高810mを冠頭部とする斜面長350m、幅約450mにわたる地すべりが発生していた。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
橋本英俊・佐藤威臣・山田正雄・小島健・久積崇広「阿津江地すべりの地すべり機構」(日本地すべり学会編「地すべり学会誌Vol.42-6」日本地すべり学会、2006年)、37-42頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
豪雨 木沢村阿津江 地すべり 坂州木頭川 国道193号
NO.
徳島1559

よく似た災害

宝永4年の地震による加奈木崩壊

image

宝永4年(1707)の地震により、室戸市佐喜浜川の源頭部で大規模崩壊が発生し、加奈木の崩えと呼ばれている。加奈木の崩えでは、大正6年から昭和39年の4... 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)7月30日~8月4日の台風10号により、上那賀町と木沢村は集中豪雨となり、那賀川・坂州木頭川坂谷で最大時間雨量97ミリ、累積雨量... 続きを読む

昭和29年の善徳の地すべり

image

昭和29年(1954)、西祖谷山村善徳で県道剣山公園~上名線200mにわたり崩壊が発生した。(「善徳地すべり」等による) 続きを読む

平成11年の地すべり

image

平成11年(1999)7月26日から8月8日の14日間で、2,192ミリの集中的な豪雨があったため、高瀬地区の大渡ダム右岸上部で大規模な地すべりが発生... 続きを読む

昭和57年の地すべり

昭和57年(1982)10月5日、国道194号寒風山道路の工事用道路で大規模地すべりが発生した。幅100m、長さ200m、推定崩土量10万立米。 続きを読む