慶応2年の台風

災害年月日
1866年09月14日
市町村
愛媛県四国中央市(川之江市)
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)8月6日~7日の暴風雨のため、大川にかかった橋はすべて流れ、そのうえ満潮と重なって、切れた堤防から水が氾濫した。山下、破砂子、古町から流れ込んだ水は、田畑、人家を浸水し、救助を求める罹災者が全村民の6割にあたる3,500人にも達した。(「川之江村大庄屋役用記」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川之江市誌編さん会編「川之江市誌」(川之江市、1984年)、242頁及び244-245頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 川之江村大庄屋役用記
NO.
愛媛1999

よく似た災害

昭和6年6月の洪水

昭和6年(1931)6月12日正午頃から2時間ほど豪雨となり、その1時間余りして本町や新町から浸水した。この洪水の原因は、天神付近の日和佐川の堤防を越... 続きを読む

明和2年の台風

明和2年(1765)8月2日~3日、大暴風雨により、大洪水と大波が押し寄せ、堤防が決壊、郷や町は浸水し、庄屋の邸宅の庭まで浸水し、町中の流家が多数あっ... 続きを読む

昭和9年の大火

昭和9年(1934)8月28日午後1時、町の中心商店街から出火し、真夏の渇水期で水の便も悪く、大火となった。近隣町村の消防団の応援を求め、午後10時に... 続きを読む

昭和49年6月の大雨

昭和49年(1974)6月4日、大雨のため、田野々地区(西本町)の下水道の水が溢れて低い住宅に流れ込んだ。また、分駐所の前の谷川の水位が1mまであがり... 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月15日、鏡川の雁切橋付近の堤防が大破して田畑に浸入した洪水と、五丁目南の霞堤から浸入した洪水が思案橋から北に流れ、井口・小高坂... 続きを読む