昭和13年の洪水

災害年月日
1938年00月00日
市町村
愛媛県四国中央市(川之江市)
災害種類
風水害  
概要
昭和13年(1938)、洪水により、前年の災害箇所以外に新たに堤防が決壊し、浸水家屋も前年くらいに達した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川之江市誌編さん会編「川之江市誌」(川之江市、1984年)、579頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 金生川 堤防決壊
NO.
愛媛2004

よく似た災害

寛永3年の洪水

寛永3年(1626)8月、大雨が降り続いて大洪水となり、堤防が決壊した。寛永13年に堤防を構築した。 続きを読む

昭和13年の洪水

昭和13年(1938)9月5日、三日三晩の大雨により大洪水。為久堤防危険の半鐘の中で、轟音とともに堤防が決壊し、民家1戸が押し流され、1戸が倒壊した。... 続きを読む

昭和6年9月の洪水

昭和6年(1931)9月26日、台風による豪雨のため、日和佐川は増水して各所の堤防が決壊し町中が一気に浸水した。右岸では西河内小学校上手で堤防が数十間... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風により方上の合ノ町で森谷の堤防が決壊した。風害により稲は半分くらい白穂になり、大凶作となった。 続きを読む

昭和30年2月の強風

昭和30年(1955)2月18日~20日、発達した日本海低気圧に伴う季節風により、海上の瞬間風速は30m/秒に達し、海岸部では波浪の打ち上げのため、家... 続きを読む