昭和54年の台風20号

災害年月日
1979年10月19日
市町村
愛媛県四国中央市(川之江市)
災害種類
風水害  
概要
昭和54年(1979)10月19日の台風20号は、川之江市に大きな被害をもたらした。降雨により山田井川が氾濫し、宮川の下流一帯も広範囲に家屋が浸水した。また、二名から妻鳥にわたる海岸線に近い地区や、金生、上分地域にも降雨による被害が出た。消防本部の測定によると、18日午前5時~19日午前10時の間の降雨量は225ミリで、最高時間雨量は19日午前7時~8時の50ミリであった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川之江市誌編さん会編「川之江市誌」(川之江市、1984年)、580頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山田井川 宮川
NO.
愛媛2010

よく似た災害

昭和53年の大雨

昭和53年(1978)7月12日夜、集中豪雨が県中央部を襲った。高知市の時間雨量は90ミリを記録した。市内のほぼ全域にわたって家屋浸水や道路冠水の被害... 続きを読む

昭和57年の台風13号

昭和57年(1982)8月25日~27日、台風13号により、暴風雨による被害が出た。梼原町役場の観測によると、26日午後4時~27日午後3時の雨量は6... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日夜中に、台風が県の東部海岸をかすめて北上した。22日の雨量は大正300ミリ、梼原328ミリ、中村225ミリで、20日~2... 続きを読む

昭和62年の台風19号

昭和62年(1987)10月16日、台風19号により、道路、河川に被害。17日午前7時までの降雨量は黒滝山で172ミリ、上名で152ミリに達した。 続きを読む

明治31年の台風

明治31年(1898)9月2日、台風が九州南部から四国を通り、多少の被害が出た。8月30日~31日の雨量は須崎で398ミリ、越知・高知で247ミリ、桑... 続きを読む