天保7年の長雨

災害年月日
1836年07月00日
市町村
愛媛県四国中央市(新宮村)
災害種類
その他(長雨)  
概要
天保7年(1836)6月から8月にかけて長雨のため大凶作。飢饉により今治藩より下渡米の下付を受けた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新宮村誌編纂委員会編「新宮村誌 歴史行政編」(新宮村、1998年)、554頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨
NO.
愛媛2014

よく似た災害

天保7年の長雨

天保7年(1836)6月18日~7月8日、長雨により大凶作。(「吉野川」による) 続きを読む

天保7年の長雨

天保7年(1836)4月から8月まで雨天続きで、田方は大損害を受けた。いわゆる天保の飢饉。 続きを読む

天保7年5月~8月の長雨・低温

天保7年(1836)5月、長雨が続いた。梅雨期には雨が少なかったが、6月の土用入り頃から雨天と冷夏が続いた(大洲領)。夏以来、天候不順、多雨により大凶... 続きを読む

天保8年の長雨

天保8年(1837)春から秋にかけて、長雨による凶作のため、死者178人。藩より「天下泰平五穀成就」の祈願をとの下命があった。(町内4寺院の過去帳調査... 続きを読む

寛永20年の長雨

寛永20年(1643)、雨が多く、作物が実らず、飢饉になった。(災害年表) 続きを読む