明治32年の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
愛媛県四国中央市(伊予三島市)
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)8月28日、台風が九州南部から香川へ進み、別子銅山で被害。また、加茂川決壊で死者51人。富郷村でも家屋全壊流失9戸などの被害が出た。(「愛媛県史概説下巻」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊予三島市史編纂委員会編「伊予三島市史 中巻」(伊予三島市、1986年)、509頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 別子銅山 加茂川決壊 死者
NO.
愛媛2033

よく似た災害

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)、室戸台風により、愛媛県で死者30人、家屋全壊流失156戸、家屋浸水6,314戸などの被害が出た。(「愛媛県史概説下巻」による) 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風により、宇摩郡で死者34人、家屋全壊流失476戸などの被害が出た。(「愛媛県史概説下巻」による) 続きを読む

大正3年の台風

大正3年(1914)9月14日、台風が南予から四国を横断し、愛媛県で死者17人、家屋全壊流失236戸、家屋浸水7,798戸などの被害が出た。(「愛媛県... 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)7月12日、台風が豊後地方から山口県に進み、宇摩郡で家屋全壊25戸。(「愛媛県史概説下巻」による) 続きを読む

明治24年の台風

明治24年(1891)8月16日、台風が土佐から香川へ進み、宇摩郡に被害が多かった。(「愛媛県史概説下巻」による) 続きを読む