明治6年の台風

災害年月日
1873年06月30日
市町村
愛媛県西条市
災害種類
風水害  
概要
明治6年(1873)6月30日より7月7日まで暴風雨が続き、各河川の氾濫は甚大であった。中山川でも川筋から海岸にかけての堤防の大修繕を要することになった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
久門範政編「西條市誌」(西条市、1966年)、471頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 中山川
NO.
愛媛2114

よく似た災害

昭和49年の台風14号・16号

昭和49年(1974)9月、台風14号・16号の襲来により、南国市から高知市にかけての海岸では最高7.19mの高波と長時間の波浪を受け、海岸堤防が倒壊... 続きを読む

平成17年の台風14号

平成17年(2005)9月6日、台風14号による暴風雨のため、午後2時頃には国道441号の川平分岐(川登)あたりは浸かり始め、低いところで荷上げが始ま... 続きを読む

明治11年の洪水

明治11年(1878)9月7日、那賀川の堤防が平島村から羽ノ浦村にかけて180m余決壊し、洪水となった。 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月、大洪水により、鴨島町の牛島堤防が決壊し、江川が再び吉野川本流に流れ入り、石井町にかけての一帯は泥海のようになったという。旧... 続きを読む

平成25年4月の大雨

平成25年(2013)4月6日から7日にかけて2つの低気圧が日本海と本州南岸を発達しながら北東進したため、6日から8日にかけて九州から北海道にかけての... 続きを読む