明治26年の大雪

災害年月日
1893年00月00日
市町村
愛媛県西条市
災害種類
雪害  
概要
明治26年(1893)、大雪で3尺余の積雪。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
久門範政編「西條市誌」(西条市、1966年)、474頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
愛媛2115

よく似た災害

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月10日~11日の大雪により、琴平町で67cmの積雪。 続きを読む

明治39年の大雪

明治39年(1906)3月7日、大雪のため、越知面で2尺5寸(75cm)の積雪となった。 続きを読む

昭和34年の大雪

昭和34年(1959)1月16日~17日の大雪により、「高知県災異誌」では梼原の積雪32cmとなっているが、20年降りの大雪で山間部では2m。 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月11日、大雪のため、梼原の積雪8尺5寸、高知5寸。(「高知県災異誌」による) 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月11日、大雪のため、県下の積雪は松山34cm、宇和島15cm、宇和24cm。 続きを読む