明治26年の台風

災害年月日
1893年10月00日
市町村
愛媛県西条市
災害種類
風水害  
概要
明治26年(1893)10月、大暴風雨の襲来により各所の堤防が決壊した。禎瑞海岸も龍神社の西方が94間にわたって崩れ、浸入した海水は住宅の軒を没し、耕地は90日間水底に没した。
地理院地図
Googleマップ
備考
決壊した禎瑞堤防には、決壊記念碑が建立されている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
久門範政編「西條市誌」(西条市、1966年)、474頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 堤防決壊 禎瑞海岸
NO.
愛媛2116

よく似た災害

昭和49年の台風14号

昭和49年(1974)8月18日、台風14号の髙波により、久枝海岸波堤が30mにわたって崩れた。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)7月10日~8月2日の24日間にわたって雨が降らなかった。琴平の7月の降水量は8.1ミリ。 続きを読む

平成5年6月の雨

平成5年(1993)6月30日午後8時頃、国道439号粟生で雨のため地盤が緩んだ道路下斜面が高さ10m、幅約12mにわたって崩れ、路面が陥没した。 続きを読む

昭和28年の台風13号

昭和28年(1953)9月25日の台風13号による高波によって、新居海岸の池の浦海岸堤が1,350mにわたって崩れた。 続きを読む

明治17年の桑地森の崩壊

明治17年(1884)7月18日午前7時頃、東俣名の桑地森の山頂付近から幅約17m、高さ約100mにわたって崩れ落ち、下にあった民家7、8戸が押しつぶ... 続きを読む