寛文6年の台風

災害年月日
1666年00月00日
市町村
愛媛県西条市
災害種類
風水害  
概要
寛文6年(1666)、暴風雨、人畜被害多し。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
久門範政編「西條市誌」(西条市、1966年)、1057頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
愛媛2117

よく似た災害

寛文6年の台風

寛文6年(1666)、大暴風雨により、家、田畑の被害多し。 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)7月3日、4日、前代未聞の洪水あり、損害あげて数うべからず。(「郡鑑」による)/前代未聞の大風雨被害。(「宇和島吉田両藩誌」による... 続きを読む

宝暦7年の洪水

宝暦7年(1757)、大風洪水、人畜の被害多し。 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、豊後水道を震源とするM8.4の地震があり、それ以降7日間揺れ動いた。その間、山を崩し、樹木を倒し、飛鳥地に落ち、地盤は... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、豊後水道を震源とする大地震があり、沈静まで7日間揺れ動いた。その間、山を崩し、樹木を倒し、飛鳥地に落ち、地盤は亀裂し、... 続きを読む