明治26年の台風

災害年月日
1893年10月14日
市町村
愛媛県西条市
災害種類
風水害  
概要
明治26年(1893)10月14日、台風が四国の西から東に通過し、東予地方の被害激甚。禎瑞と神拝地域の堤防大壊滅。
地理院地図
Googleマップ
備考
決壊した禎瑞堤防には、決壊記念碑が建立されている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
久門範政編「西條市誌」(西条市、1966年)、1060頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 禎瑞 神拝 堤防決壊
NO.
愛媛2150

よく似た災害

明治26年の台風

image

明治26年(1893)10月14日、四国を西から東に通過した台風により、被害甚大。禎瑞及び神拝地域の堤防大壊滅。明治天皇の命により、片岡侍従が慰問のた... 続きを読む

明治26年の台風

明治26年(1893)10月14日、台風により、雨量192ミリを記録。四国地方の被害甚大、特に東予地方甚だし。両陛下、片岡侍従を差し遣わし視察せらる。... 続きを読む

明治26年の台風

明治26年(1893)10月14日、台風により、東予地方の水害多発。 続きを読む

明治26年の台風

明治26年(1893)10月14日、台風が豊後水道から東方に進み、東予地方の被害が甚大であった。(「愛媛県史概説下巻」による) 続きを読む

明治40年9月の台風

明治40年(1907)9月7日~8日、台風により、東予地方の奥地で1,000ミリを超す雨量。 続きを読む