大正元年の洪水

災害年月日
1912年00月00日
市町村
愛媛県西条市
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)、東予地方大水害。渦井川、加茂川大出水。西條町付近は本町と四軒町の一部を除いて床上浸水無数。竹之巷にあった高等女学校の寄宿舎の生徒は舟で避難した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
久門範政編「西條市誌」(西条市、1966年)、1061頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 渦井川 加茂川
NO.
愛媛2156

よく似た災害

大正元年の洪水

大正元年(1912)、大水害により、渦井川、加茂川が大出水、西条町付近は本町と四軒町の一部を除いて床上浸水が無数。竹之巷にあった高等女学校の寄宿舎の生... 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)9月8日、台風(高潮)により、洪水氾濫。(四万十川の主な洪水の歴史による)/この洪水時に渡船が転覆するという惨事が起きた。この事故... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日午後4時30分~23日午前5時30分の間に、高松港務所で229.2ミリの雨量を記録した。志度では房前海岸の山が崩れ落ち、... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月22日朝から大雨が降り出し、風も次第に強くなり、夜にはますます激しくなった。丸亀では清水で土器川の堤防が決壊して、深さ5尺(約... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月20日から22日にかけて300ミリ以上の豪雨があった。津田川の堤防は各所で破壊され、濁流は両岸より町中へ流れ込んだ。人畜の被害... 続きを読む