昭和2年の豪雨

災害年月日
1927年08月00日
市町村
愛媛県西条市
災害種類
風水害  
概要
昭和2年(1927)8月、県内全般に雷雨性の豪雨あり、加茂川氾濫し、流失倒壊家屋が多数。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
久門範政編「西條市誌」(西条市、1966年)、1062頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 加茂川氾濫
NO.
愛媛2160

よく似た災害

昭和2年の豪雨

昭和2年(1927)8月、県内全般にわたり雷雨性の豪雨があり、加茂川が氾濫、流失・倒壊家屋が多数。(西条市自然災害年表による) 続きを読む

明治32年8月の台風

明治32年(1899)8月28日、台風。中山川、加茂川が氾濫し、家屋流失60戸、溺死51人。 続きを読む

昭和2年8月の豪雨

昭和2年(1927)8月26日、県下各地で雷雨性の豪雨あり、諸川氾濫。(「愛媛県史」、宇和島測候所の記録による) 続きを読む

昭和47年の集中豪雨

昭和47年(1972)9月8日、集中豪雨。9月8日~9日雨量207.4ミリ、最大時間雨量76.2ミリ、災害救助法発動。重軽傷8名、全壊家屋2戸、半壊家... 続きを読む

昭和26年の豪雨

昭和26年(1951)7月12日から15日にかけて、強雨が続き県下全般に大水害を受けた。町見村では、14日、倒壊家屋住宅3戸、非住家2戸。(「町見村日... 続きを読む