昭和26年のルース台風

災害年月日
1951年10月14日
市町村
愛媛県西条市
災害種類
風水害  
概要
昭和26年(1951)10月14日、ルース台風により大保木の大森山付近を中心に400ミリを越す降雨があった。伊曽乃神社の桧の大鳥居が折損した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
久門範政編「西條市誌」(西条市、1966年)、1063-1064頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
ルース台風 大森山 伊曽乃神社
NO.
愛媛2172

よく似た災害

昭和26年ルース台風

昭和26年(1951)10月14日、ルース台風により、大俣木の大森山付近を中心に400ミリを越す降雨があった。伊曽乃神社の桧の大鳥居が折損した。(西条... 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日、台風15号(ルース台風)により、山岳部では200~300ミリの降雨があった。13日~14日の雨量は東津野で304ミ... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風により、伊曽乃神社社叢などの大木も倒覆した。稲は開花中であったため、早稲以外は全滅。 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)9月、台風により、梼原付近で6日~8日の各日200ミリ以上の降雨があり、総雨量は900ミリを越すほどで、風雨害が強かった。6日~8... 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日19時、ルース台風は鹿児島の西岸に上陸し、九州を北東に横断して周防灘から防府市に再上陸して山陰に出た。中心気圧925... 続きを読む