宝永7年の風雨・高潮

災害年月日
1710年00月00日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
風水害  高潮  
概要
宝永7年(1710)、激しい風雨で河川は氾濫し、高潮と重なり、堤防が決壊して大新田は壊滅状態となった。資料によると、「西条船屋から河原津まで沖に堤防は少しも見えず。」
地理院地図
Googleマップ
参考文献
壬生川郷土史研究委員会編「壬生川郷土史」(壬生川郷土史研究委員会、2009年)、71頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
暴風 洪水 高潮 堤防決壊 大新田
NO.
愛媛2184

よく似た災害

昭和20年の洪水

昭和20年(1945)9月、洪水により吉野川の堤防が決壊の危険状態となった。 続きを読む

昭和51年の大雪

昭和51年(1976)1月10日~12日の大雪により、県下各地で雪となった。山間部のバスは麻痺状態となり、小・中学校では臨時休校するところが多かった。... 続きを読む

昭和35年の干ばつ

昭和35年(1960)7月6日~8月11日、干ばつで、この間の総降水量は3.8ミリであった(伊方中学校観測所)。昭和33年につぐ干ばつで、植え付け完了... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月、台風17号により、川田川の中央橋上下流西岸の堤防が100mにわたって激流にえぐられ、決壊状態となった。 続きを読む

大正13年の干ばつ

大正13年(1924)、干ばつにより、畑作物は枯死全滅の状態となった。(「徳島毎日新聞」による) 続きを読む