明治38年の洪水

災害年月日
1905年00月00日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
風水害  
概要
明治38年(1905)8月15日、吉田の土手が決壊し、流出家屋多数。多賀地区にも木材、家屋、藁ぐろなどが流れてくる。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
多賀郷土誌委員会編「多賀郷土誌」(多賀郷土誌委員会、2004年)、18頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 吉田 堤防決壊
NO.
愛媛2195

よく似た災害

明治28年の台風

明治28年(1895)、暴風雨洪水により、中山川決壊し、田畑・家屋の被害甚大。多賀地区にも被害が及ぶ。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海大地震が発生し、倒壊、近畿、中国、四国などの各地に被害をもたらした。多賀地区では震度5の強震に襲... 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)、霖雨により高松川が兼久地区に切れ込み、人家を流した。3戸流失、1戸半壊、兼久地蔵が流れた。(「田野村誌」等による) 続きを読む

明治19年の洪水

明治19年(1886)秋、和泉の土手が3.6kmにわたって壊れ、余土の土手も4箇所壊れて、水が余土地区に流れ込んだ。家も田も浸水し、3日~4日水が引か... 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月、伊勢湾台風により、上板町仁界地区は水害に見舞われ、この頃から宮川内谷川にダムをつくる必要が高まってくる。 続きを読む