昭和20年の枕崎台風

災害年月日
1945年09月17日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
風水害  
概要
昭和20年(1945)9月17日夜半、枕崎台風が本県北西部を通過した。この時のフェーン現象が稲の出穂期と重なり、稲穂の稲首から上が枯死した。この年の収穫は反当150kgから300kg位であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
多賀郷土誌委員会編「多賀郷土誌」(多賀郷土誌委員会、2004年)、19頁及び21頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
枕崎台風 フェーン現象
NO.
愛媛2202

よく似た災害

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風が来襲した。人畜の被害はないものの、出穂期の稲が真っ白になるなどの風害を受けて、収穫皆無に近くなった。当時は... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風により、三豊平野の稲穂は一夜のうちに白穂に変わった。収穫は皆無に近かった。 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月、枕崎台風と前線による降雨も重なって記録的な降雨となり、岩津地点の最大流量は14,700立米/秒となり、下流部では堤防の漏水... 続きを読む

昭和20年の台風

昭和20年(1945)9月17日、大台風が西讃を通過し、出穂期の稲作は全滅し、家屋の被害も多かった。 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日夜半、枕崎台風が本県北西部を通過した。枕崎台風がもたらしたフェーン現象により、まだ充分実の入っていない稲穂が白く立ち枯... 続きを読む