昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月08日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
風水害  
概要
昭和51年(1976)、台風17号により、9月8日~12日までの5日間の降雨量が、平地で700~800ミリ、山間部で1,000ミリを超える記録的な豪雨となった。このため、東予市全体で、家屋の全壊1戸、半壊2戸、一部破損9戸、床上浸水171戸、床下浸水2,750戸で、農作物にも甚大な損害が出た。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
多賀郷土誌委員会編「多賀郷土誌」(多賀郷土誌委員会、2004年)、20-21頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
愛媛2214

よく似た災害

昭和29年の洞爺丸台風

昭和29年(1954)9月26日、洞爺丸台風により、県内では西よりの強風とやまじ風のため風害が顕著であった。観音寺、琴平で家屋の全壊・半壊の被害が大き... 続きを読む

昭和54年の台風16号

昭和54年(1979)9月28日~30日、台風16号による暴風・大雨・洪水・波浪のため、県下で負傷者4人、家屋の全壊1戸、一部破損2戸、床上浸水280... 続きを読む

平成16年の台風21号

平成16年(2004)9月29日、台風21号による浸水のため、新居浜市の被害は死者5人、軽傷6人、住家の全壊7棟、半壊142棟、一部破損240棟、床上... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月14日~16日、台風18号(第二室戸台風)により、雨量は東予の山岳部で400~750ミリ、中予の山岳部で150~500ミリ、... 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月22日~23日の台風6号により、鬼籠野で最大1時間雨量78ミリ、総雨量528ミリとなった。県道徳島剣山線、石井神山線などは道... 続きを読む