昭和59年の大雪

災害年月日
1984年01月19日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
雪害  
概要
昭和59年(1984)1月19日~31日、積雪被害、ハウス倒壊。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
多賀郷土誌委員会編「多賀郷土誌」(多賀郷土誌委員会、2004年)、20頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
愛媛2219

よく似た災害

昭和56年の大雪

昭和56年(1981)、年末から降り続いた雪は平野部でも70cm以上の積雪となり、イチゴハウスの相次ぐ倒壊や交通途絶など、各所で大きな被害をもたらした... 続きを読む

昭和44年の大雪

昭和44年(1969)3月12日、大雪により、積雪が20~40cmとなり、小・中学校は臨時休校した。川島地区ではビニールハウスの倒壊、道路の通行不能な... 続きを読む

昭和59年の大雪

昭和59年(1984)1月31日、大雪により、積雪が20~40cmとなり、小・中学校は臨時休校した。川島地区ではビニールハウスの倒壊、道路の通行不能な... 続きを読む

昭和59年の大雪

昭和59年(1984)1月30日~31日、大雪により、ビニールハウスの破壊、農作物に被害発生。被害額891万円余。(小松町役場資料による) 続きを読む

昭和47年2月の大雪

昭和47年(1972)2月9日夜から降り始めた雪は、10日朝まで断続的に降り続き、池田39cm、一宇35cm、岩倉33cm、穴吹10cmの積雪となった... 続きを読む