明治30年の台風

災害年月日
1897年09月29日
市町村
愛媛県西条市(小松町)
災害種類
風水害  
概要
明治30年(1897)9月29日、台風。山岳部の雨量は300ミリ以上。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松町誌編さん委員会編「小松町誌」(小松町、1992年)、61頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
愛媛2249

よく似た災害

明治30年の台風

明治30年(1897)9月29日、台風により、山間部の雨量300ミリ以上。(西条市自然災害年表による) 続きを読む

昭和10年9月の台風

昭和10年(1935)9月25日、台風により山岳部の雨量400ミリ。 続きを読む

明治29年の洪水

明治29年(1896)8月30日、本県に暴風雨あり、午後4時より10時までが特に烈しく、南境山岳部の雨量は北部海岸地の2、3倍に達し、洪水が氾濫して、... 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)8月15日、台風による大雨で、山地での日雨量は400ミリを越した。西部の被害は大きかった。須崎の雨量200~300ミリ、梼原37... 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日、阿久根台風により、山岳部の雨量は700ミリという豪雨となり、大被害があった。期間降水量は692.9ミリに及んだ。(... 続きを読む