明治38年の台風

災害年月日
1905年08月15日
市町村
愛媛県西条市(小松町)
災害種類
風水害  
概要
明治38年(1905)8月15日~17日、暴風雨により、妙谷川橋流失、中山川決壊し、家屋流失、周桑平野1,000町歩が湖水となり、北条新田90戸、300人が避難。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松町誌編さん委員会編「小松町誌」(小松町、1992年)、62頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 妙谷川橋 中山川決壊
NO.
愛媛2257

よく似た災害

明治38年の台風

明治38年(1905)8月15日~17日、暴風雨により、妙谷川橋が流失、中山川が決壊し、家屋流失、周桑平野1,000町歩が湖水となった。(西条市自然災... 続きを読む

明治35年の台風

明治35年(1902)9月7日、台風による高汐で、久礼では1,000人が避難した。 続きを読む

明治32年8月15日の台風

明治32年(1899)8月15日午後3時頃より、暴風雨のため吉野川の出水と別宮川の増水が甚だしくなり、北新居村の名田堤防、仮堰25間余を破壊した。徳命... 続きを読む

昭和18年の台風

昭和18年(1943)7月21日、台風が室戸岬から愛媛を北上し、記録的な豪雨により、大洲盆地が湖水となる。(「愛媛県史概説下巻」による) 続きを読む

明治35年の台風

明治35年(1902)9月7日夕方、台風が宮崎に上陸し、北進した。台風による高潮で、久礼では1,000人が避難した。 続きを読む