昭和13年の豪雨

災害年月日
1938年07月03日
市町村
愛媛県西条市(小松町)
災害種類
風水害  
概要
昭和13年(1938)7月3日~5日、豪雨。7月31日、豪雨により県下の死傷者22人、家屋の倒壊・流失87戸、浸水5,438戸。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松町誌編さん委員会編「小松町誌」(小松町、1992年)、63頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 死者
NO.
愛媛2317

よく似た災害

昭和13年の豪雨

昭和13年(1938)7月31日、豪雨により、県下の死傷者22人、家屋の倒壊・流失87戸、浸水5,438戸。(西条市自然災害年表による) 続きを読む

昭和13年7月31日の豪雨

昭和13年(1938)7月31日、豪雨により、死傷者22人、家屋の倒壊77戸、流失・埋没20戸、床上浸水3,304戸、田浸水1,076町歩。(「愛媛県... 続きを読む

大正9年の豪雨

大正9年(1920)8月14日午後4時頃より降雨、15日正午頃豪雨となり雷鳴絶え間なく、16日に浸水。中村町の被害は家屋の全壊4戸、流失1戸、田畑11... 続きを読む

昭和24年のデラ台風

昭和24年(1949)6月21日、デラ台風。県下の死傷者475人、行方不明188人、家屋の全半壊70戸、浸水562戸、田畑の流失・冠水341町歩、被害... 続きを読む

大正9年の豪雨

大正9年(1920)8月14日午後4時頃より降雨、15日正午頃豪雨となり、雷鳴絶間なく、16日に浸水。中村町の被害は全壊4戸、流失1戸、田畑111町歩... 続きを読む