昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月00日
市町村
愛媛県久万高原町(面河村)
災害種類
風水害  
概要
昭和51年(1976)9月、台風17号により、8日~13日の総雨量は石鎚山成就で1,160ミリ、久万で577ミリとなった。面河村では、道路破壊、農地破壊により被害総額4億1,218万円となった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中川鬼子太郎編「面河村誌」(面河村、1980年)、14-15頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
愛媛2409

よく似た災害

昭和50年の台風5号・6号

昭和50年(1975)8月、台風5号・6号により、降水量は石鎚山成就564ミリ、久万184ミリで、面河川は明治以来の大洪水となった。面河村では、農地、... 続きを読む

昭和51年の低温

昭和51年(1976)12日、久万町でマイナス6.7度を記録。国道33号凍結。面河村では道路凍結、茶の被害。 続きを読む

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月8日~9日の台風9号により、2日間の雨量は船戸で980ミリ、須崎で400~600ミリとなり、新荘川の河口付近では堤防が数カ所... 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月22日~23日の台風6号により、鬼籠野で最大1時間雨量78ミリ、総雨量528ミリとなった。県道徳島剣山線、石井神山線などは道... 続きを読む

昭和47年の集中豪雨

昭和47年(1972)9月8日午前8時30分から翌9日午前8時30分まで、今治市を中心に集中豪雨があり、菊間小学校で149ミリを記録した。この集中豪雨... 続きを読む