寛文10年の洪水

災害年月日
1670年10月16日
市町村
愛媛県西条市(丹原町)
災害種類
風水害  
概要
寛文10年(1670)9月3日、関屋川が立石の元から切れ込み、田地4町余に砂入り、郡内加勢して堀上げた。桜樹地域の樹木が倒れ、堤塘が破壊され、家屋、耕地が流失した。(「田野村誌」等による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
丹原町誌編さん委員会編「丹原町誌」(丹原町、1991年)、41頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 関屋川 立石
NO.
愛媛2447

よく似た災害

昭和20年の洪水

昭和20年(1945)、桜樹地域で大洪水。(「田野村誌」等による) 続きを読む

安政4年の強風・洪水

安政4年(1857)、強風引き続き7昼夜に及び、村方は竹林に避難した。また、洪水により家屋が流失し、死者が出た。桜樹地域の山地は砂煙に包まれ、岩石が天... 続きを読む

寛保3年の洪水

寛保3年(1743)、中山川の出水により来見字柳原の堤防154間が破壊され、人畜の流失は悲惨であった。(「田野村誌」等による) 続きを読む

寛文6年の暴風

寛文6年(1666)、暴風。(「田野村誌」等による) 続きを読む

寛文3年の干ばつ

寛文3年(1663)、干ばつ、凶作。(「田野村誌」等による) 続きを読む