明治18年の大雨

災害年月日
1885年00月00日
市町村
愛媛県西条市(丹原町)
災害種類
風水害  
概要
明治18年(1885)、大雨により関屋川の上野から長野まで切れ込み、成松の畑中を通して岸の下に出水、人家2、3戸を流し、畑は河原になった。泉堀池は埋没して今はその跡もない。(「田野村誌」等による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
丹原町誌編さん委員会編「丹原町誌」(丹原町、1991年)、45頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水 関屋川
NO.
愛媛2483

よく似た災害

明治21年の大雨

明治21年(1888)9月11日、昨夜来の大雨により横河原の堤防が破損し、田窪村の東南を水が襲い、人が奔走して防御した。すなわち、樋口村の字百軒という... 続きを読む

明治21年の大雨

明治21年(1888)9月11日、昨夜来の大雨により横河原の堤防が破損し、田窪村の東南を水が襲い、人が奔走して防御した。すなわち、樋口村の字百軒という... 続きを読む

明治21年の洪水

明治21年(1888)9月、関屋川が切れ込み、岸の下を流した。(「田野村誌」等による) 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日朝から雨が降り、風も加わり、夜になって雨はますます激しくなった。諸山から流れ下る水は飛瀑のようで、急水が谷川にあふれた。... 続きを読む

明治18年の洪水

明治18年(1885)7月1日、連日の豪雨により横河原の堤防が決壊し、洪水が人家を流し、田畑を潰した。これほどの洪水は数十年来稀有のことであった。(見... 続きを読む