大正元年の台風

災害年月日
1912年00月00日
市町村
愛媛県西条市(丹原町)
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)、暴風雨により中山川の堤防が決壊し、田畑が流失。(「田野村誌」等による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
丹原町誌編さん委員会編「丹原町誌」(丹原町、1991年)、46頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 中山川 堤防決壊
NO.
愛媛2492

よく似た災害

昭和28年の台風13号

昭和28年(1953)9月25日、台風13号により高松川、関屋川の堤防が決壊した。(「田野村誌」等による) 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)、暴風雨により、中山川の堤防決壊、田畑流失。(西条市自然災害年表による) 続きを読む

大正元年9月3日の洪水

大正元年(1912)9月3日、大洪水により、弦打村東川、本津川口は、至る所で堤防が決壊した。 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月21日~22日、暴風雨により、40時間連続して大雨が降り、ほとんどの河川は氾濫し、橋梁の墜落・流失、人畜死傷、家屋の倒壊・流失... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日、大雨が続き、洪水が発生した。財田川は、江藤墓地の半ばより下手約100mの堤防が決壊し、濁流により老人2人の犠牲者が出た... 続きを読む