明治30年の洪水

災害年月日
1897年00月00日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
風水害  
概要
明治30年(1897)、大明神川の新開門樋が土砂で埋まった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
東予市誌編さん委員会編「東予市誌」(東予市、1987年)、32頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 大明神川 新開門樋
NO.
愛媛2524

よく似た災害

明治30年の洪水

明治30年(1897)、大明神川の新開門樋が土砂を埋まった。(西条市自然災害年表による) 続きを読む

明治38年8月の洪水

明治38年(1905)8月、大明神川の堤防25間決壊し、門樋が土砂で埋まった。 続きを読む

明治38年の洪水

明治38年(1905)8月、大明神川の堤防25間が決壊、門樋が土砂で埋まった。(西条市自然災害年表による) 続きを読む

明治39年の洪水

明治39年(1906)8月15日、大明神川の堤防25門が決壊し、樋が土砂で埋まった。吉田土手が決壊、流出家屋は吉田で7棟、石田で納屋1棟。切れ田は7ヶ... 続きを読む

明治26年の洪水

明治26年(1893)10月14日、洪水により大明神川の上・下川原・三島倉600間決壊、新開海岸堤防決壊、被害地65町歩。 続きを読む