大正元年の洪水

災害年月日
1912年09月22日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月22日夜、中山川の角部(つのべ)土手が約100mにわたって決壊し、氾濫した水は蛭子(えびす)、今在家に流れ込み、広江川の今在家側土手、海岸の堤防を押し流した。今在家ではほとんどの家が床上浸水し、低い家では屋根を破って助けを求めた者もいたという。海岸堤防の流出部分は潮の干満ごとに広がり、切れ口は100mにも及び、潮止め工事には約40日間を要したという。海水につかった水田からは、反当2、3俵ほどの収穫がなく、この状態が数年間続いた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
東予市誌編さん委員会編「東予市誌」(東予市、1987年)、32頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 中山川 角部 堤防決壊 今在家
NO.
愛媛2531

よく似た災害

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月16日から雨天が続き、22日夕方から暴風雨となり、園瀬川の堤防が決壊して大洪水となった。馬越下の民家では屋根まで水が来て、中に... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日、吉野川は洪水で、板野郡誌によると、撫養署の調査では「水かさは田地面の上1丈で潮水の浸入は5尺」というから、下板地方が洪... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日午後4時30分~23日午前5時30分の間に、高松港務所で229.2ミリの雨量を記録した。志度では房前海岸の山が崩れ落ち、... 続きを読む

大正元年9月の洪水

大正元年(1912)9月23日、洪水により、板野郡誌によれば、水嵩は田の面上1丈(3m)、潮水の浸水5尺(1.5m)と言われた。特に名東・名西両郡の被... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月21日~22日、暴風雨により、中山川角部の土手が決壊、流失家屋28戸、田畑流失10ha、切れ口約100m。雨量は平野部で350... 続きを読む