享和3年の大火

災害年月日
1803年09月24日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
火災  
概要
享和3年(1803)8月9日夜丑刻、壬生川村で大火があり、109軒が焼失したため、幕府に届けたという記録がある。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
東予市誌編さん委員会編「東予市誌」(東予市、1987年)、452頁及び471頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大火 壬生川
NO.
愛媛2624

よく似た災害

寛文2年の火災

寛文2年(1662)、壬生川村で火災があり、庄屋与左衛門の居宅・土蔵まで類焼して重要書類を焼失したという記録がある。 続きを読む

正保4年の大火

image

正保4年(1647)10月3日、壬生川村で大火があり、全戸数の約6割の家屋が焼失した。この時、鷺森神社の御宝物、鷺森城の一の木戸、二の門が焼失した。 続きを読む

寛政元年の火災

寛政元年(1789)1月10日、東浜の火事でほとんどを焼き尽くし、東西の人家わずか6軒残ったという記録がある。 続きを読む

慶長元年の地震

慶長元年(1596)、地震が発生し、畿内地方で被害が大きく大阪城の石垣の一部が崩れたという記録があるが、讃岐には明確な記録が残っていないので分からない... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)の地震により、鞆浦で波高10丈(約30m)の津波があったという記録が残っている。 続きを読む